足の痺れ

足の痺れは神経によるシビレと血流によるものがあります。
ピリピリと電気が走るような痛み、感覚が鈍くボンワリとしたシビレなどを自覚する方がいます。

足の神経は腰から出て臀部、大腿部、下腿部へと分岐していきます。
そのどこかで神経を絞扼する問題が起こると足にシビレが出現します。常時痺れる場合よりは前屈した時、車の運転を長時間した時、腰が痛い時などに痺れを自覚する場合が多いです。

血流の問題では筋肉の硬化や疲労などにより血管が圧迫され血流が悪く成る事で痺れが出たり、リンパが滞る事で足のむくみも引き起こすことがあります。

原因

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 変形性腰椎症
  • 梨状筋症候群
  • 下肢の筋肉硬化による神経圧迫
  • 下肢筋肉硬化による血管圧迫
  • 閉そく性動脈硬化症

腰椎に原因があるものは椎間板の肥厚や脊柱管が狭く成る事神経の党利道が狭くなり神経が圧迫を受けることで痺れが起きます。
梨状筋症候群はヘルニアなどの腰椎症から影響を受け二次的に起こる場合と長時間の座り仕事や梨状筋の硬化などで坐骨神経を圧迫し足に痺れを出すことがあります。

スポーツ選手が過度なトレーニングをした時、ヒールで長時間立ちっぱなし、足に過度な疲労をためた時などは筋肉の硬化が強く筋肉内を通っている神経や血管を圧迫し痺れを起こすことがあります。
コンパーメント症候群もこの中に当てはまります。

当院の足の痺れ治療

足の痺れはどこが原因となっているか明確にしてから治療する必要があります。
腰から痺れが来ている場合は腰椎症の有無、腰の機能異常の有無、腰椎骨盤リズムのチェックを確認したうえで痺れの場所、シビレの出方、症状の増悪因子や軽減因子を確認させていただきます。

神経は末梢部になるほど細かく枝分かれするために場所をしっかり特定することが治療効果を上げる上で重要です。
腰の深層筋や抗重力筋と同時に臀部、下肢と治療することで高い効果が得られます。

また腰に関しましては繰り返し症状を引き起こさないために土台である体幹や柔軟性をトレーニングすることで痺れが出にくい体になれます。アフターケアもしっかりとお勧めいたしております。
梨状筋症候群・足の筋肉の硬化により神経・血管を絞扼している場合は手技療法、ストレッチ等で症状が改善されます。

また鍼治療・鍼通電療法も高い効果を発揮致します。
各種治療に温熱療法も組み合わせているためより一層子治療効果が高まります。

閉そく性動脈硬化症では間欠性跛行を伴うよう下肢痛が出現いたしますがマッサージ、鍼治療のカテゴリーでの治療は難しいため他の医療機関への受診をお勧めいたします。

治療の流れ

問診・触診・理学検査
原因部位・筋肉特定
ご相談の上で治療方法、治療時間を決定
治療
確認
治療方針のご相談、アフターケアの提供
お会計

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休