肩こり

肩こりは鍼灸院へ受診される最も多い症状の一つです。

首すじの不快感、肩の不快感、肩甲骨周りの不快感、もしくは全てという方もいらっしゃり近年ではスマートフォンの普及やデスクワーカーの増加、運動不足により肩こりに悩む人が増えています。

一時的に疲労が蓄積し始めて方に痛み、辛さを感じる方から慢性的な肩こりで四六時中不快感がある方、肩こりが悪化し頭痛や吐き気、眼精疲労、手のしびれ等症状が広がる方まで様々な方がいます。

同じ肩こりでもこりの場所や症状は人それぞれで、適した施術も異なりますので始めに症状や経緯などを拝聴してから施術に入ります。

 

肩こりへの取り組み

施術では手技療法、鍼治療、電気鍼、パーソナルトレーニングを用いて行います。

ご来院時の症状を改善されたい方、頭痛や吐き気などの随伴症状まで出ている方は手技療法や鍼治療で施術を行います。

慢性的で常に肩こりのある生活を変えたい方には施術+パーソナルトレーニング+自宅でのエクササイズ指導を合わせて行います。

施術では筋肉の硬さを確認しながら緩めていき、可動域がよくないところにはストレッチやモビライゼーションで可動域を広げていきます。筋肉の硬さが強い場合や緩める必要がある筋肉が深くにある場合には鍼治療や電気鍼の施術を行います。

慢性的な症状を変えたい場合や予防をしたい方にはパーソナルトレーニングを行います。

パーソナルトレーニングは可動域改善や機能改善のためのトレーニングになります。

ストレッチから呼吸エクササイズ、体幹トレーニング、ウエイトトレーニングの中から状態にあったものを行っていきます。

しばらく運動をしていない方は正しいストレッチの方法や身体の土台となる機能を作っていきます。パーソナルトレーニングが中心になる場合は2か月から4か月ほど週に1~2回継続するのが望ましいです。

スポーツジムに勤務していた時に、ジムに入会し頑張ろうと思っていた矢先に怪我をする方をたくさん見てきました。

学生時代の部活やジムで詳しい人に習った経験のある方でしたら安全に行える方もいますが、特に始めは専門家にしっかり習って、頭と身体の両方で覚えていくことで大切です。

エクササイズで硬いところ、弱いところを確認しながら必要な段階を踏んで行っていきます。

肩こりでお悩みの方は背骨や肩甲骨、骨盤といった部分に機能不全(可動域の減少や筋肉出力の低下)がみえることが多くありますので、まず機能異常を改善した後にエクササイズのレベルアップを図っていきます。

こんな来院の仕方をされています

・忙しく自分ではケアができないので週や月に一度施術を受ける

・辛くなった時に駆け込む

・慢性的な症状を変えたいので数か月集中してトレーニングを行う。その後も頻度は減らしつつも継続してトレーニングOR症状の改善に満足できたら1回終了

施術の流れ

問診・姿勢評価・動作評価
原因部位・筋肉特定
ご相談の上で施術方法、施術時間を決定
施術orパーソナルトレーニング
確認
施術方針のご相談、アフターケアの提供
お会計

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休