首の痛み

首は直接的に頭を支えていることや脳から近く神経が多いなど重要な場所ですので痛みや不快感が出てしまうと体調が崩れてしまう方や集中力が続かなく仕事に支障が出たりと他にも影響を与えることも少なくありません。

また重度のこり、寝違え、頚椎症由来のものになると著しく可動域が制限されることも少なくありません。

首の痛みは肩こりや緊張型頭痛、五十肩・四十肩、手の痺れなど様々な症状に繋がりやすく早めの治療とメンテナンスが特に大切な場所です。
近年パソコン作業に加えてスマートフォンが広く普及してきたために首の痛みを患われている方が増えています。

原因

  • 頸椎椎間板ヘルニア
  • 頚部脊柱管狭窄症
  • 変形性頚椎症
  • 首こり
  • ストレートネック
  • 寝違え
  • 自律神経失調症

頸椎椎間板ヘルニア、頚部脊柱管狭窄症、変形性頚椎症、ストレートネックなど構造上に問題があるものは特定もしくは全体的に可動域に制限がかかる事が多くあります。
デスクワーク・スマホの操作が首のこりや肩の凝りに悪影響を及ぼす理由は頭の位置にあります。

首が頭に対して垂直に支えることで首や肩の筋肉は負荷が少なくなっていますが頭が前方に突っ込んだり、長時間下を向いているなどの動作は首や肩周りの筋肉のバランスを崩し負担を増大させることになりますので首こり・肩こりになる、症状が悪化するなどのことになります。

首を始め脊柱には神経が通っているため自律神経が乱れると首や背中に辛さを感じやすくなります。

当院の首の痛み治療

痛みの部位や出現の仕方、理学検査により原因を特定してから治療に入ります。
首のこりに対しては痛みを出している筋肉を特定し手技療法や鍼治療で筋肉を治療いたします。
また、痛み感じている部分だけではなく不良姿勢や原因を引き起こしている部位へもアプローチをするため、改善の度合いが高かったり治療効果を実感していただける時間がながくなります。

首の痛みの原因となる不良姿勢の問題も同時に治療させていただいております。
肩こりや頭痛、頚肩腕症候群などにも関連があるためそれらと併用して治療ができます。

寝違えは重度や時期もよりますが鍼治療が即効性があり効果が高いことが多いです。
一回で完治することもありますが可動域制限の回復や体の機能回復のために複数回の治療をお勧めしております。

頚部脊柱管狭窄症と変形性頚椎症は周囲筋肉にも影響し痛みを出します。
疼痛コントロールと筋肉の弛緩、狭くなった神経の出口を広くする手技で治療しています。
筋肉の状態を整えることで頸椎の並びを整え狭くなり神経を圧迫していた部分を解除し症状を改善しています。

頸椎椎間板ヘルニアでは椎間板が神経を圧迫し痛みや上肢への痺れが出現します。
この時に鍼治療にて疼痛コントロールを行う事、関連する筋肉や関節の状態を改善することにより効果を出しています。

自律神経失調症では首こり、肩こりを引き起こす可能性が非常に高いことが知られています。
自律神経性の首の痛みは首から背中にかけて手技療法、鍼治療と温熱療法も行っております。

治療の流れ

問診・触診・理学検査
原因部位・筋肉・関節特定
ご相談の上で治療方法、治療時間を決定
治療
確認
治療方針のご相談、アフターケアの提供
お会計

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休