むち打ち

強い外力により頚部を痛める事をむち打ちと言いますが、ほとんどは交通事故による追突事故です。
他には鉄棒から落ちた、ふいに衝撃を受けたことが原因で起こります。
レントゲン画像、MRI検査やCT検査などで異常がなくてもむち打ち特有の頚部痛、頭痛、手の痺れ、肩背部の痛みなどの症状が現れる事が多くあります。

むち打ち症は以下のように分類されます。

1.頸椎捻挫型:頚部の筋肉や靭帯が傷つくことにより起こります。頚部の運動制限や動かしたときの痛みが主な症状で腕や手にシビレ等の神経症状はありません。70〜80%がこのタイプと言われています。

2.根症状型:頸椎捻挫型のような頚部の運動制限や動かしたときの痛みに加え腕や手にかけてのシビレ、反射異常、握力低下などの筋力低下も伴います。

3.バレー・リュー症候群:後部頚交感神経症候群として発表され、椎骨神経(頚部交感神経)の刺激症状により、頭痛、めまい、耳鳴り、疲労感、血圧低下などの自律神経症状を引き起こすことが知られています。また椎骨動脈の血流不全も関連することも知られています。

4.根症状型+バレー・リュー症状型:根症状型とバレー・リュー症候群の混合型です。

5.脊髄症状型:頸椎の中に脊髄という多くの神経が通っている部分がありますが脊髄がダメージを受けると下半身や内臓に異常が出る事があります。常に足が痺れていることが多いですが時に内臓に影響が出る事があります。そうしますと便秘、下痢、頻尿などの症状が起こる事が知られています。

6.脳脊髄液減少症:脳脊髄液の漏出により脳脊髄液の減少が生じ脳が下方に移動してしまうことで脳、脳幹、脊髄症状が起こります。例えば頭痛、めまい、耳鳴り、難聴、首や肩の痛み、吐き気、倦怠感など様々なものがあります。ブラットパッチ治療なども個人差がある事が知られています。

当院のむち打ち治療

急性期と慢性期で治療が異なります。

急性期では一定期間(一週間〜二週間)安静にし炎症が落ち着いてから治療を開始させていただきます。普段はお身体が頑丈でもむち打ちの初期は過敏になりやすく刺激過多により症状が一時的に強く成る事もありますのでしっかりとリスクの管理をして治療を行うため刺激が柔らかい(刺激が少ない・弱い、時間が短いなど)治療内容から始めていきお体の反応を見て的確な治療を確立していきます。

慢性期では頚部や肩、背中はもちろんですが全身を診て症状改善に効果のある最適な治療を提供いたします。手技療法、鍼治療、電気鍼治療などから痛みの改善、自律神経の調整を目的に行います。

治療の流れ

問診(整形外科で受けた診断等をお聞かせください)・触診・理学検査
原因部位・筋肉特定
ご相談の上で治療方法、治療時間を決定
治療
確認
治療方針のご相談、アフターケアの提供

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休