交通事故

山梨県は交通事故発生率が全国でも上位にある県です。
強く追突された方や軽い追突や対物事故まで起こしたことのある方は多いのではないでしょうか。
また事故にあわれた方が後遺症に苦しむことは非常に多く生活にも支障をきたすため軽視せずに自賠責保険を使い治療することをお勧めします。

身体が固定されていて首が鞭のようにしなるのでむち打ちと言います。
交通事故では最も多いのが首の痛み、頭痛と続きますが肩の痛み、腕の痺れ、背部痛、腰痛、めまい、耳鳴り、吐き気と多様な症状が現れます。
急な衝撃により頸椎捻挫、神経根症状からバレー・リュー症候群、脳脊髄液減少症などがありますがどれも上記のような症状に悩まされている方が多くいます。

当院の交通事故治療

事故後まず病院へ行き検査を受け急性期はカラーなどで安静にしていることが第一だと考えています。
一週間から二週間ほどして急性期の炎症が治まってきたら頚部、肩背部、腰の筋肉への治療、症状緩和を目的とした自律神経へのアプローチ、遠隔治療(手足の末梢に対する治療方法)などを行います。

手技によるアプローチと鍼治療によるアプローチ、必要に応じて運動療法を取り入れて治療いたします。
初期は症状が変わりやすく過敏に反応される患者様もいらっしゃるために比較的刺激が柔らかい刺激の治療を行います。
自律神経等が過敏になっている時は健康時は何とも感じなかったような刺激により体調が変化することがありそれらのリスクに対しても最善を尽くしています。徐々に体の反応を見て的確な治療プランを作成していきます。

自律神経症状の緩和を目的とした手や足のツボへの指圧や鍼治療、事故により硬化した頚部の胸鎖乳突筋、斜角筋、板状筋、半棘筋、後頭下筋群など筋肉や肩や背中の僧帽筋、肩甲挙筋、大菱形筋・小菱形筋、脊柱起立筋などの筋肉弛緩を目的とした手技療法、鍼治療を行います。置き鍼治療も有効ですので症状や状況を見て行わせていただきます。

当院の交通事故に対する治療

事故後、整形外科にて診察
当院で治療を受けたい旨を保険会社のご担当者様にお伝えください
保険会社に承認されてから自賠責保険での治療が行えます

※鍼灸治療に自賠責保険が使えないといわれることがありますが鍼灸師は厚生労働省に認められた国家試験なので自賠責保険が使えます。
ご担当者様に拒否されましたら当院にご相談ください。
自賠責保険を使っての治療は三か月間から半年の間に終了することがほとんどです。
その後も症状が残る方や治療を継続されたい方は健康保険でも鍼灸治療が受けられますのでご相談ください。

治療の流れ

問診(整形外科で受けた診断等をお聞かせください)・触診・理学検査
原因部位・筋肉特定
ご相談の上で治療方法、治療時間を決定
治療
確認
治療方針のご相談、アフターケアの提供

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休