坐骨神経痛

坐骨神経痛は患われている方が非常に多い疾患で大腿部の後面や外側部、ふくらはぎの後ろ、外側にピリピリと電気が走るように痛い、重だるさがあるなどの自覚症状を感じる方が多くいらっしゃいます。
腰痛と同時に自覚されているか、腰に椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、梨状筋症候群を患われている方がほとんどです。

原因

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 腰椎すべり症
  • 梨状筋症候群
  • 下肢の筋肉の硬化による神経の絞扼

坐骨神経痛は一つの病名のように聞こえますが頭痛、腹痛と言っているのと何ら変わりがなく足の神経痛、シビレの総称ですので腰椎や臀部・下肢の筋肉のどこかに原因があります。

当院の坐骨神経痛治療

坐骨神経痛は90%以上の方が改善、症状の軽減をしていいる治療効果が高いものです。

坐骨神経痛はまず腰椎の状態や臀部の筋肉、足の筋肉を確認し原因を特定致します。
神経痛は温めて血流を改善することで症状の緩和に繋がります。
マッサージや鍼治療を行い表面と深部の血流をより改善するだけでなく腰の筋肉や臀部、下肢の筋肉を緩め姿勢の歪みや体の癖を修正することにより高い効果を発揮致します。

痛い部分に電気を流したりマッサージをして一時しのぎをしていた方が根本的な解決ができるよう治療プログラムを作成しております。
院内で行う手技療法、鍼治療、可動域制限の改善に加えご自宅でできるエクササイズやパーソナルトレーニングにて治療を行っております。
ぎっくり腰に伴う坐骨神経痛、慢性的な坐骨神経痛までしっかりと対応いたします。

治療の流れ

問診・触診・理学検査
原因部位・筋肉・関節特定
ご相談の上で治療方法、治療時間を決定
治療
確認
治療方針のご相談、アフターケアの提供
お会計

アクセス情報

所在地

〒400-0062
山梨県甲府市池田1-3-23 ヒロセビル101

駐車場

2台あり

休診日

不定休